【保存版】ワーホリいける国が26カ国?国の特色を知ろう

 




この記事を書いている人 - WRITER -
資格なし、スキルなしの普通のOLがノマドとして活躍中。 ワーホリを今目指して準備中です! 人生一度きりが私のモットーです。
詳しいプロフィールはこちら

ワーキングホリデー行きたい人が、一番最初に考えるのは、どの国に行きたいかじゃない?

今回は、「こんなはずじゃなかったのに…」ってならないように、ワーホリにいける国の特徴を知ろう。

ワーホリは、年齢制限があって、全部の国に行くことは無理だから、慎重に国を選んで行こう!

日本はワーホリ協定国が26カ国もある

日本はワーホリ協定の国がたくさんあるの!

よく聞くところもあれば、それってどこなの?というところまで幅広いワーホリに行くことが可能だよ。日本は信頼されている証だよね。

こんなにたくさん国があるのに、「有名だから」「みんなが行っているから」で、国を選ぶのは、もったいなくない?


あなたの本当にやりたいことを考えて、一緒に国を選んで、限られた期間しか行けないワーホリを充実させよう!

準備編:好きなことを30個EXCELとかに書いてみよう

あなたが好きなことを何でもいいから、30個箇条書きで、ノートでもEXCELとかでもいいから書いてみよう。

あなたしか、見ないものだから正直に書こうね。

例えば

  • 漫画
  • リゾート地の旅行
  • カフェ巡り
  • 自然

とかね?

自分は、温かい国が好きなのに、極寒のところに行ったら、最悪なワーホリ生活になっちゃうよね?

あとは、カフェ巡りが好きなのに、あまり盛んじゃないとか悲しいよね。そういったあなたの好きなところから、選んでいくといいよ。

30個縦に箇条書きに書いていったら「大好き、好き、普通」のレベルに分けて書いてみて。

EXCELだと、並び替えが簡単だから便利かも。

外せない条件を見つつ、次の国別特色で、ワーホリに行く国を決めていこう。

国別の特色

今回は英語圏と、その他に人気なところの特色を少しだけ紹介するよ。

ワーホリの決める参考にしてみてね。

オーストラリア(オセアニア)

国の特徴

主な言語は、英語であるオーストラリアは、ワーホリでも不動の人気No.1

オーストラリアには、4種類の気候があり、住む場所によって、大きく異なるので、事前に調べることが大切になってくるよ。

例えば、ケアンズは、一年中温暖な気候で、冬でも半袖で過ごせるけど、シドニーでは、冬になるとスキーなどのウィンタースポーツも楽しめる気候になるよ。

オーストラリアの人は、陽気でマイペースな人が多いから治安も良いよ。

どんな人におすすめ?

  • ビーチ近くに住むことも可能
  • 旅行をたくさんしたい
  • たくさんの場所に移動しながら住みたい
  • 治安が良い
  • 一つの国に長くいたい
  • 温暖な地域に一年中いたい(地域によって)
  • 初めてのワーホリ
  • ギリホリしたい人(年齢が30歳の人)

オーストラリアのワーホリの人気の理由の一つに、ワーホリビザでの滞在が他よりも長いこと。

他の国は、基本的に1年しか滞在できないけど、オーストラリアは、ビザの要項をクリアすれば3年滞在することができるよ。

オーストラリアで婚活したい人とかは、とても便利だよね。

その他にも、オーストラリアはワーホリでいく日本人が多いのと、ビザの申請が簡単だから、初めてのワーホリでも安心していくことができるよ。

ニュージーランド(オセアニア)

国の特徴

主な言語は、英語であるニュージーランドは、ワーホリでも人気No.3。

気候は、日本と真逆の季節だけど、日本よりも冬は暖かく、夏は涼しいため、過ごしやすい国。

自然豊かな街が多く、羊がたくさんいるイメージが強い人も多いのでは?

乳製品が特に有名で、フラットホワイトと言うコーヒーがとてもおいしいみたい(コーヒー嫌いだけど、一度は飲んでみたい笑)

治安も良くて、女性のひとりワーホリにもとてもおすすめの国。

どんな人におすすめ?

  • ノマドとして働く
  • 自然が大好き
  • 乳製品大好き
  • ファームで働いてみたい
  • カフェが好き・働いてみたい
  • 安い費用で行きたい

ノマドとして働くなら、現段階だとニュージーランドはとてもおすすめ。

なぜかと言うと、日本円が高くなるから、日本のお金で稼げていると、少しお金持ちになれる!

例えば、1NZドルのものがあるとして、ニュージーランドドルで稼いでいれば100円の価値だけど、日本円で稼いでいれば今のところ平均で70円程度になるよ。

これ、大きい買い物したらだいぶお得になるよね?

だから、日本円で稼ぎながら行けるノマドとして働くなら、とてもおすすめの国だよ。

ビザの申請料も無料だから、初期費用としても、他よりかからないかも?(健康診断は有料だよ)

カナダ(北アメリカ)

国の特徴

主な言語は、英語と地域によってはフランス語であるカナダは、ワーホリでも人気No.2。

場所にもよるけど、比較的日本人がどこでも多いイメージで、治安も良いよ。

自然と都会が融合しているカナダだけど、冬が寒いので、防寒などに注意が必要。

どんな人におすすめ?

  • 都会と自然両方とも好きな人
  • 自由に行動したい
  • 2カ国語、習得したい人
  • 運試ししたい人
  • 英語があまり得意ではない人
  • 治安がいい
  • 寒いのが好き

カナダは、ビザが抽選のため、上記で紹介した2ヶ国よりも少し難易度高い。

そのため、ギリホリの人にはおすすめしないけど、それ以外の人は、発行数も多いのでちょっとした比較的当たりやすい抽選で、運試しでビザを取るのも良いかも。

カナダの人の英語は、なまりが少ない綺麗な英語なので、比較的聞き取るのが簡単だよ。

さらに、地域によってはフランス語も取得できるから、ワーホリで2つの言語を取得することができる!

イギリス(ヨーロッパ)

国の特徴

主な言語は、英語であるイギリスは、ブリティッシュ英語を身につけられる。

冬は極寒のため、暖かいところが好きな人には、おすすめできない。

流行の発信地と言われているイギリスは、ファッションや音楽、アートが盛んなので、語学留学だけじゃなくて、アートなどで留学するのもおすすめ。

どんな人におすすめ?

 

  • イギリス英語で文法バッチリ
  • 格式高い
  • 本気の運試し!
  • 2年同じ国に住みたい人
  • ファッションや音楽、アートが好き
  • 寒さに強い

イギリスは、ワーホリビザを取ると2年間住むことができるから、他よりも長く一つの国に入れるよ。

ビザの難易度が、今まで紹介していた国よりも格段に上がるから、本当の運試しとして準備して、他の国も一緒に検討した方が良いかも。

カナダは、ワーホリ発行数が6500人(2020年度)だけど、イギリスは基本的に1000人ほどしか発行しないし、日本でワーホリ人気ランキング4位だよ。

アイルランド(ヨーロッパ)

国の特徴

主な言語は、アイルランド語かと思いきや現代のアイランドの人は、英語が主要言語になっているよ。

意外なことに、ワーホリ人気ランキングで5位に入るほどの人気な国。

理由は、数少ないヨーロッパの英語圏で、日本人がとても少なくて、英語環境が整っているので、英語を本気で取り組みたい人に人気になっている。

自然豊かな国なので、ゆったりと生活ができて、神話や伝説もアイルランド発祥のものが多いよ。

どんな人におすすめ?

  • 英語を本気でやりたい
  • 自然が好き
  • ヨーロッパに住みたい
  • 日本人あまりいて欲しくない
  • 神話・伝説が好きな人
  • 前もって準備するのが得意
  • お金の準備が十分できる人

他のワーホリよりも、残金証明の金額が50万以上必要なため、他のところよりも、多めに準備する必要から注意が必要。

ワーホリの申請期間が短く、発行数も少ないため、前もっての準備が必要なので、ワーホリ初心者には少し難しいかも…

日本人が少なくて、政府が語学学校を厳しく取り締まっているから、ACELS認定学校なら、高い水準で英語を学ぶことができるよ。

ドイツ(ヨーロッパ)

国の特徴

主な言語は、ドイツ語で、お年寄りの人などは、英語を使えない人も多い!

ドイツの人は、勤勉家で真面目な人が多くて、少し日本人に似ていると言われているよ。

ドイツは、場所によって建物も文化も違うから、移動しながらの生活が楽しい!

余談だけど、ドイツは進撃の巨人の舞台になったと言われる(非公式)ところもあるから、進撃の巨人ファンなら近くに短期間だけ住むのも楽しいかも。

ドイツ語やりたいなら、オーストリアという選択もあるよ。

どんな人におすすめ?

  • ドイツ語を学びたい
  • 初期費用安く行きたい
  • 移動しながら生活したい
  • 進撃の巨人大好き
  • メルヘンな街大好き
  • ワーホリ2ヶ国目
  • 歴史が好き
  • 美術、音楽、スポーツ好きな人

ドイツ語が基本だけど、仕事としては英語でもできるところは多いよ。

ワーホリのビザが、とてもとりやすくて、珍しい現地でワーホリビザの取得も可能!

だから、2ヶ国目として連続でどこか行きたいと思った時におすすめな国。

ワーホリビザの費用もかからず、初期費用も他の国よりも比較的安く行くことが可能だよ。

フランス(ヨーロッパ)

国の特徴

主な言語は、フランス語で、英語はあまり期待しない方が良いよ。

気候は、夏は30度超えても、湿気が少ないから過ごしやすいけど、冬はとても寒いから注意。

フランスは、ご飯が美味しくて美しい、フレンチの本場。

さらにルーブル美術館など、有名な最大級の美術館などもあるから、アート大好きな人にもファッションが好きな人にもおすすめだよ。

どんな人におすすめ?

  • フランス語を勉強した
  • 美味しいものが大好き
  • 芸術・ファッション好き
  • 美しい建築物が好き
  • 余裕もって貯金できる人

フランスといえば、エッフェル塔など有名な建物がたくさんあるよ。

ビザも、無料で発行できるけど、発行数制限があるから、注意が必要。

生活費は、少し高めだから、余裕もって貯金できる人がおすすめ。

特に、外食はとても高いから自炊をしないと、生活できないよ。

韓国(アジア)

国の特徴

主な言語は、ハングル語の韓国。

K-POPや韓流、最近だと韓国コスメなど美容としても、とても人気な韓国。

アクセスも、東京だと飛行機で2時間半と、日帰りで行けるほど近いから、飛行機が苦手な人でも比較的行きやすいよ。

時差とかもないから、海外行ったことない人でも行きやすい国だね。

どんな人におすすめ?

  • ハングル語学びたい
  • なるべく生活費抑えたい
  • K-POP、韓流大好き
  • 韓国コスメや美容大好き
  • 飛行機嫌い
  • 海外初めて
  • 辛いもの大好き

物価が、日本より少し安いため、生活費が安く抑えられるよ。

ただ、物価が安いからこそ、現地で仕事をすると、最低賃金が安くなってしまうことも。

ワーホリのビザは無料だけど、今時珍しい、オンライン申請は不可で、大使館に直接行く必要があるよ。

まとめ

国によって特色があるよね?

確かに、人気の国は過ごしやすくて万人受けする所が多いけど、他にも魅力的な国たくさんあるよね!

せっかく、人生の中で短い期間しか行けないワーホリを無駄にするのは勿体無いよ。

周りに流されず、「自分の行きたい」国を探そう。

ワーホリやノマドの無料相談も受け付けているから、悩んだらまずは私に相談するのも一つの手だよ!

優雅なワーホリ・海外生活を!「ノマ努力クラス」

ワーホリでこんな生活したくない?

ノマドでおしゃれなビーチでお仕事

イケメン彼氏とラブラブしながらお仕事♡

その他にも、

  • ワーホリに不安なしで行きたい!
  • 好きな場所でお仕事したい!
  • ジャパレスなんかで働きたくない
  • ワーホリでも安定した稼ぎを得たい!
  • 自由な働き方をしたい
  • 海外で優雅な生活をしたい

とか、たくさん、ワーホリ・海外生活での夢ってあるよね?

でも、「こんなの実現不可能」だって諦めてない?

ノマドになれば、実現可能だから諦めないで!

スキルなし、OLからノマドになった、なっちゃん先生があなたの悩み解決していくよ。

ワーホリで彼氏とイチャイチャしながら仕事したり、優雅で素敵な生活しない?

悩みなしワーホリへ!【無料相談】ノマ努力クラス

 

この記事を書いている人 - WRITER -
資格なし、スキルなしの普通のOLがノマドとして活躍中。 ワーホリを今目指して準備中です! 人生一度きりが私のモットーです。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ノマドなつみのワーホリBlog , 2020 All Rights Reserved.